悪化させない対策

Nursing

今や4人に1人の割合で発症している花粉症についてそのメカニズムと発症しないための対策、シーズン中の花粉症対策について紹介します。一番大切なのは花粉に接しないことです。

Read More

脂漏性角化症を治す

Nursing

脂漏性角化症は、皮膚の良性腫瘍の一種で有色の場合もあります。皮膚科や美容皮膚科での診療となり、現在ではその場で切除することも可能です。脂漏性角化症はがんとの判別が非常に重要になります。

Read More

原理と治療法

Nursing

免疫療法には様々な種類があり、とくにがん治療においては、既存の方法(手術・放射線・化学療法)に続く第四の治療法と期待されています。免疫療法とは、人体の自然な免疫機能を活性化させる方法になります。

Read More

循環器科を知る

心臓や血管が専門です。

身体のなかにある循環の病気は3つあり、多くの人が治療に専念しています。3つの病気のうち、まず1つ目は心臓病です。心臓病には心臓の血のめぐりが悪くなる心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患と、心臓の脈をつかさどる電気の異常である不整脈、血を送り出す心臓そのものの機能が落ちる心不全などがあります。 2つ目は血管病変です。動脈が細くなる閉塞性動脈硬化症や静脈内に血の塊ができる静脈血栓などが代表的な疾患です。 3つめは高血圧です。高血圧は血管の動脈硬化や心臓の機能なども関連していることが多いため、循環器科で診察されます。 一部の疾患は循環器科で内科的治療が行われ、改善しない場合に心臓血管外科に紹介されて手術になることもあります。

循環器科をお勧めする症状

心臓病では胸痛がある場合虚血性心疾患が疑われます。まれに胸痛でなく方の痛みなどの場合があります。もともと生活習慣病があったり、動脈硬化があるといわれている人はできるだけ早く循環器科にかかりましょう(場合によっては救急車を依頼しましょう)。また不整脈の場合、動悸がしたり、心臓が脈打つ感じがしたりします。脈は自分で手首や首で見ることができます。乱れている場合は循環器科に相談します。心電図などの検査を行いますが、不整脈の一部は治療が不要です。また原因不明の意識消失がある方は脈がゆっくりになりすぎている可能性があります。この場合も早急に循環器科を受診してください。心不全の場合は息切れが主な症状です。息切れは肺の病気などでも起こりますが、肺に異常がない場合は循環器科が勧められます。 血管病変では足が痛くなって長い時間歩けない場合や足のむくみの場合に可能性があります。軽い場合は内服薬などで治療をしますが、程度がひどい場合はカテーテル治療が手術になることもあります。 高血圧は一般的な内科でも治療可能ですが、心臓疾患や不整脈がある、血管病変があるといった場合は循環器科にかかった方がよいでしょう。