悪化させない対策

Nursing

早めの花粉症対策

花粉症とは花粉に対して人体が起こす、アレルギー反応のことです。体内に入った花粉を体外に出そうとして、くしゃみで吹き飛ばしたり、鼻水や涙で洗い流したり、これが花粉症の症状として現れているのです。花粉症以外のアレルギー疾患を持っていたり、家族の中に何らかのアレルギー疾患を持っていたりする人は、花粉症になりやすいと考えられているので早めの花粉症対策が必要です。 今や4人に1人が花粉症と言われています。これから発症しないための花粉症対策として、まず第一に花粉に接しないようにすることです。花粉に触れることで、体が花粉に対する抗体を産出する可能性が高くなります。花粉症対策で次に言われるのが初期段階での治療です。初期は鼻粘膜の炎症がさほど進んでいないことが多いので、進行を止め早めに正常化させることができるので、重症化を防ぎます。

症状を悪化させないために

花粉症対策は花粉が飛散する時期より前(冬)から始めることが大切と言われています。 また実際に花粉の時期に突入してしまったら、症状を悪化させないために以下のような注意が必要です。 ・外出時 マスクやメガネ、帽子などを着用し、目や鼻に花粉が入らないようにする 花粉が付着しやすいウールなどの衣類は避ける 飛散が多いときは外出を控える ・帰宅後 服や髪を良く払ってから玄関に入る 手洗い、うがい、洗顔お行い、花粉を洗い流す ・室内 外に干していた洗濯物は花粉を払い落としてから取り込む 飛散が多いときは窓や戸を閉める こまめに掃除を行い、室内を清潔に保つ 昨シーズンまで花粉症の症状がなかった人でも、軽症で花粉症に気づいていなかった場合も考えられます。花粉を多く吸い込んだり、目に入ったりすると症状として強く現れることがあるので、かるべく花粉に接しないようにすることが重要です。